お馬の写真

競馬の写真を公開しています。主に札幌競馬場・函館競馬場でのレースの写真が中心となっています。

*

香港國際賽事 (2005/12/11・沙田)

   

競馬場から

行ってきました、香港は沙田競馬場。香港は初めてだったので、あまりの都会さにビックリしてしまいましたが、沙田は駅前の様子を見る限り、比較的最近開けた街の模様。でも競馬場から正面に見える高層マンション群はすごいなぁ、なんて思いました。

この日は9レース中4レースが国際GI。その第一弾は第3レースのHong Kong Vase(香港瓶)。世界最強の1勝馬(?)、シックスセンス(超預感)があわやという内容。出遅れたことを考えたら、そして負けたのはあのOUIJA BOARD(占卜)だということを考えたら2着という成績は大健闘。

最後の直線
OUIJA BOARD

次のGIは第5レースのHong Kong Sprint(香港短途錦標)。サイレントウィットネスがいない中、一番人気は当然CAPE OF GOOD HOPE(好望角)。パドック周回を始めた頃からアドマイヤマックス(大賞識)に人気が集まり始め2番人気に。「どうせこないだろうけど日本馬応援したいから」と馬券を買っていた私も「何でこんなに人気になるんだ?」と不思議なくらいの売れ方。結局は今まで香港スプリントで人気で飛んでいった日本馬たちと同じように豪快にすっとんだわけです。
勝ったのはNATURAL BLITZ(電光火力)。やっぱりこの距離だと香港勢は層が厚いなぁというのを改めて感じました。

最後の直線
アドマイヤマックス

次のGIは第7レースのHong Kong Mile(香港一哩錦標)。ここは人気は上位均衡。1番人気は確かBULLISH LUCK(牛精福星)、ハットトリック(三連冠)、アサクサデンエン(淺草田園)あたりが上位人気。
外々を回っていましたし、4コーナー回った時点ではハットトリックが勝てるとは思えませんでした。直線向いてからハットトリックは抜け出しての海外GI初勝利。アサクサデンエンはハットトリックの後ろにいましたが直線延びず沈まずでそのまま5~6着。
自分は別段右翼だとは思っていないし、どちらかといえば君が代嫌いな人だと思っていたのですが、今回の君が代を聞くのは何かうれしかったな。ジョッキーが日本人だったらなお良かったんですが。

最後の直線
ハットトリック

最後のGIは第8レースのHong Kong Cup(香港杯)。日本馬もいなかったし、疲れきっていたしでさらっと書いてしまうと、VENGEANCE OF RAIN(爪皇凌雨)はなかなか強い抜け出し方。まぁ印象はそれ以上でもそれ以下でもないんですが。

最後の直線

 - 競馬の写真