第7回ジャパンカップダート (2006/11/25・東京)

最後の直線

今年は海外馬が一頭も参戦せず(やっぱりダーレーの馬主登録却下の影響?)。さらに元からカネヒキリが故障しているところに加えて、直前になってからタイムパラドックスの骨折、ヒシアトラスの奇病も重なり極めて薄いメンバーになってしまいました。言い方悪いかも知れませんけど、今年に関して言えば、JCDよりも南部杯とかJBCとかの方がワクワクするメンバーだったかなと。

パドックを見る前から軸として馬券を買ってあったジンクライシスはパドックでは非常によく見えず。ただ、少なくとも道営に来てからはこんな感じだからまぁ気にしないことに。対照的に同枠のアロンダイトは明らかに非常によい出来。ジンクライシスと同枠ということもあって枠連の購入を追加(これが正解でした)。

レースはメイショウバトラー、フサイチリシャールが引っ張る形。人気のシーキングザダイヤは5番手あたり。
直線、内からアロンダイトが抜出し、同じく抜出したシーキングザダイヤとの叩きあいになりましたが、「世界一2位の馬」ですから(苦笑)、また2着。結局アロンダイトが5連勝でG1までたどり着いてしまいました。
軸にしていたジンクライシス、出遅れに始まって全くチグハグなレース。冬樹って一回バタバタになると立て直せない印象があるので(コスモバルクの成績がピンロク気味なのはその典型)、本来の主戦、山竜だったらどうだったんだろう、とか思ってしまいました。

ヴァーミリアン
ヴァーミリアン
メイショウバトラー
メイショウバトラー
フサイチリシャール
フサイチリシャール
アロンダイト
アロンダイト
ジンクライシス
ジンクライシス
ブルーコンコルド
ブルーコンコルド
シーキングザダイヤ
シーキングザダイヤ
アルファフォーレス
アルファフォーレス
オースミヘネシー
オースミヘネシー
マイソールサウンド
マイソールサウンド
ドンクール
ドンクール
サンライズバッカス
サンライズバッカス
ハードクリスタル
ハードクリスタル
ピットファイター
ピットファイター
フィールドルージュ
フィールドルージュ
スポンサーリンク