第12回ユニコーンステークス (2007/06/02・東京)

最後の直線

今年のユニコーンS、去年と比べてかなりいいメンバーが揃った印象。
中心となるのは、ダート無敗のフェラーリピサとシャドウストライプ、10馬身差、7馬身差とかなり強烈な着差をつけて勝ってきているロングプライド。この世代のダート戦線の中心にいる3頭の初顔合わせということになりました。

スタート前に除外があったりでガタガタしたため、数分遅れでスタート。有力どころは中段につける形。
直線では一旦はフェラーリピサが外から差して抜け出したものの、さらに外からロングプライドが強襲。ロングプライドはゴール直前でしっかり捕らえて重賞初勝利となりました。

人気上位ではロングプライド、フェラーリピサに関しては予想通り、上位を占めましたが、ちょっとがっかりだったのがシャドウストライプ。ロングプライドの後に控えていたのですが、直線まったく見せ場なく12着に惨敗。ゲートでのトラブルが大敗の原因かも知れませんが、ここまで大敗してしまうと。。。

フォーミュラーワン
フォーミュラーワン
グレイトフルタイム
グレイトフルタイム
エスケーカントリー
エスケーカントリー
シャドウストライプ
シャドウストライプ
ドラゴンファイヤー
ドラゴンファイヤー
ロングプライド
ロングプライド
コマンドールクロス
コマンドールクロス
フェラーリピサ
フェラーリピサ
ディオスクロイ
ディオスクロイ
ステラパラダイス
ステラパラダイス
ナムラジョンブル
ナムラジョンブル
トーホウレーサー
トーホウレーサー
マイネルレーニア
マイネルレーニア
コートユーフォリア
コートユーフォリア
ビードラスティック
ビードラスティック
ロードクルーザー
ロードクルーザー
スポンサーリンク