第2回キーンランドカップ (2007/08/26・札幌)

最後の直線

人気はかなり割れましたが、その中で1番人気に押されたのはローレルゲレイロ。

サープラスシンガー、クーヴェルチュール、エムオーウイナーが先団を形成、その後をローレルゲレイロ、シンボリウエスト、ブラックバースピンが追走。
直線、クーヴェルチュールが抜け出して後を引き離したところを、後方から来たアグネスラズベリとワイルドシャウトが半馬身差まで詰めたところがゴール。
人気のローレルゲレイロは直線馬群に沈み11着大敗。

上位争いとは無関係な後方で注目してほしいことがありました。
桜花賞以来久々だったニシノチャーミーが、前半かなり離された最後方から、上がり3Fを33.8という物凄い脚を使って9着まで来てました。力はあるところは示せたと思うので、後はどう道中をこなせるか、ということですね。隻眼でもうまくレースできているルーベンスメモリーの先例もありますので、なんとか乗り越えてほしいと思います。

レヴリ
レヴリ
ローレルゲレイロ
ローレルゲレイロ
ニシノチャーミー
ニシノチャーミー
ブラックバースピン
ブラックバースピン
アズマサンダース
アズマサンダース
ブルーショットガン
ブルーショットガン
ワイルドシャウト
ワイルドシャウト
トールハンマー
トールハンマー
サープラスシンガー
サープラスシンガー
アグネスラズベリ
アグネスラズベリ
ショウナンパントル
ショウナンパントル
シンボリウエスト
シンボリウエスト
クーヴェルチュール
クーヴェルチュール
エムオーウイナー
エムオーウイナー
ビーナスライン
ビーナスライン
スポンサーリンク