第12回エルムステークス (2007/09/17・札幌)

最後の直線

去年のこのレースはヒシアトラスが最後の勝利を挙げたレース。好きな馬だったから、レースの合間に流れる「メモリアル エルムS」という映像で去年のレースが流れたときはちょっと見るのがつらかったな。

それはさておき。
ダービーグランプリが交流重賞から外れたため、ここに出てきたロングプライドが1番人気。で、ロングプライド騎乗の武豊騎手は実は去年のエルムステークス以来1年ぶりの札幌参戦です(道営札幌には来てますけどね)。

逃げたのはフサイチパンドラ、2番手追走はマコトスパルビエロ。
3コーナーで後方から一気にメイショウトウコンがまくって、先頭に並ぶ形で直線へ。
直線早々にフサイチパンドラは一杯。マコトスパルビエロが一瞬抜け出しそうに見えましたが、メイショウトウコン1頭だけ違う脚で先頭に立つとそのまま後続を引き離し3馬身半差の快勝。
2着争いは直線外に出したロングプライドが、粘るマコトスパルビエロにハナ差まで詰めましたが届かず。

ロングプライド
ロングプライド
オリンピアンナイト
オリンピアンナイト
ハスフェル
ハスフェル
フサイチパンドラ
フサイチパンドラ
アサカディフィート
アサカディフィート
マコトスパルビエロ
マコトスパルビエロ
メイショウトウコン
メイショウトウコン
アルドラゴン
アルドラゴン
イブロン
イブロン
ドンクール
ドンクール
ブルーフランカー
ブルーフランカー
ハギノベルテンポ
ハギノベルテンポ
スポンサーリンク

コメント

  1. おでぶちん より:

    エルムSは調教VTRでメイショウトウコンが抜けていて軸に据えるつもりでしたが、パドックでマコトスパルビエロの馬体の良さに圧倒され展開的にも向きそうなので、マコトを軸に買ってしまいました。3連単はゲットでず馬連、馬単、3連複のみ。ちょいプラで終わっちゃいました。フサイチパンドラは今後の為にも逃げてほしくなかったです。

  2. おでぶちん より:

    エルムSは調教VTRでメイショウトウコンが抜けていて軸に据えるつもりでしたが、パドックでマコトスパルビエロの馬体の良さに圧倒され展開的にも向きそうなので、マコトを軸に買ってしまいました。3連単はゲットでず馬連、馬単、3連複のみ。ちょいプラで終わっちゃいました。フサイチパンドラは今後の為にも逃げてほしくなかったです。

  3. おでぶちん より:

    すいません2重投稿でした。
    新馬戦
    パドックに駆けつけましたががらんとしてました。
    いつもは人だかりなのに何故?
    ってか馬が周回しておらずタイムテーブル確認したらお昼休みでした。
    なんだか調子狂いますね。こういうの。
    そんなもので隣りの見知らぬオヤジと歓談。
    今日の馬場、変則開催の文句、今年の北海道シリーズについてなど。
    若駒については全体的に小粒。
    いまのところはサブジェクトが強いと。
    自分的にはちょっぴり期待している馬が何頭かいるのですがね。
    で、この日の新馬戦。
    馬体的には4番ビューティアイ
    背も高くて足が長くて1000mでは忙しそうだけど力上位と判断。しかし前を歩く3番の馬が1頭だけ赤ん坊のように暴れ周り、4番は怯えまくっていましたね。これで頭では買えなくなりました。そんな中一頭だけ何知らぬ顔で落ち着いていた5番を頭に選び大正解でした!
    ビューティアイはトラウマにならないといいですが・・・。
    父アッミラーレなんですよね?!
    種牡馬になってたんだぁってビックリしました!
    家に帰って血統表を確認すると貴重なマックスビューティーの孫なんですね?!
    これまたびっくりでした!

  4. masami より:

    おでぶちんさん、こんにちは。
    今年の北海道シリーズではサブジェクトも印象に残っていますけど、私の中でのNo.1はミゼリコルデかな。
    あの直線一撃は衝撃的でした。
    まだ帰厩してないのが気がかりですが。

  5. うんま より:

    こんなおもしろ馬CMみつけました。
    http://www.net-cm.tv/2007/09/joba.html

  6. おでぶちん より:

    ちょっとエロいですね。
    しかし高いですよね~こういうの。
    乗馬って体験してみたいです。
    やってみたら騎手の気持ちが少しはわかりますかね?

  7. masami より:

    こんにちは。
    乗馬は自分もやってみたいと思いながら、
    はや、うん年(汗)

  8. お馬の写真 より:

    第13回エルムステークス (2008/09/13・札幌)

    人気サイドの一角になると思われていたロングプライドが追い切り後に脚部不安が出て回避。そんな中、1番人気は去年の勝ち馬メイショウトウコン。 レース。今回の…