ディラクエ復帰戦

ディラクエ

一昨年、ホッカイドウ競馬2歳戦線を盛り上げていたディラクエが、屈腱炎での長期休養から久々に復帰してきました。
パドックで見る限り馬体は絞れていないですし、これだけ久々ですからレースについて行くのもやっとだろう…というのが現実でしょうが、みんなの応援の気持ちだったのでしょう、1番人気におされました。

ディラクエ

もともと「馬体重はあるけどただ大柄なのではなくて筋肉がぎゅっと詰まっている」というタイプの馬でしたが、今日はまだ緩かったのかな。ただ能検の時に比べると20kgも絞ってきていました。

ディラクエ

レースでは後方から。3~4コーナーで一気に動いたもののそこで脚が止まってしまい7着。
オープンクラスのレースではついて行くこと自体難しいように見えましたので、しばらくは重賞は使わずに今日のようなオープン戦を使いつつ体を戻していくということになるのでしょうね。

スポンサーリンク