第10回ジャパンカップダート (2009/12/06・阪神)

最後の直線

今年のジャパンカップダート、私の一口出資馬エスポワールシチーが1番人気におされました。
この舞台での1番人気ということもあってレース前からかなりドキドキ。別段私が走るわけではないので私が緊張しても仕方ないのですが(苦笑)

レース。ティズウェイが先頭をうかがいましたが、1番枠を引いたエスポワールシチーがハナを主張。
エスポワールシチー、ティズウェイ、サクセスブロッケン、ワンダースピードの順で1コーナーへ。
中団にいたマコトスパルビエロが向正面で一気に進出、2番手で3コーナー。
マコトスパルビエロ、ワンダースピード、サクセスブロッケンといった先行勢の手が動く中、エスポワールシチーは楽な手応えのまま直線へ。
エスポワールシチーは抜け出すと2番手のサクセスブロッケンに3~4馬身突き放し圧勝、サクセスブロッケンは残り100mで一杯、外から伸びてきたシルクメビウスが2着、ゴールデンチケットが3着。

エスポワールシチー

エスポワールシチーはこれまでかしわ記念と南部杯の2つの交流Jpn1を勝っていましたが、今回は初めての中央のG1勝利。
当然、私にとっても出資馬の中央G1勝利は初めて。あまりのうれしさに涙が出てしまい、競馬場で涙ぐむ不思議なおじさんと化してしまいました(苦笑)

エスポワールシチー
エスポワールシチー
サクセスブロッケン
サクセスブロッケン
アドマイヤスバル
アドマイヤスバル
ヴァーミリアン
ヴァーミリアン
マコトスパルビエロ
マコトスパルビエロ
メイショウトウコン
メイショウトウコン
ティズウェイ
ティズウェイ
ダイショウジェット
ダイショウジェット
ゴールデンチケット
ゴールデンチケット
ボンネビルレコード
ボンネビルレコード
ラヴェリータ
ラヴェリータ
シルクメビウス
シルクメビウス
スーニ
スーニ
ワンダースピード
ワンダースピード
マルブツリード
マルブツリード
ワンダーアキュート
ワンダーアキュート
スポンサーリンク

コメント

  1. おでぶちん より:

    おめでとうございます!
    完勝でしたね。
    1番人気での勝利しかも圧勝となると気持ち良いでしょうね。
    調教VTRを見ただけでも1頭違う動きをしていたので、今回は安心して見れました。
    馬券は相手を間違えて単勝しか取れませんでした・・・。

  2. お馬の写真 より:

    5回阪神2日目(2009/12/06)の写真

    1R、2歳未勝利1着ケイエスシンアカリ 2R、2歳未勝利1着クリスマスキャロル 3R、2歳未勝利1着ブイコナン …

  3. masami より:

    おでぶちんさん、こんにちは。
    ありがとうございます。
    新聞では印が結構軽かったので
    気楽に見られるかな~なんて思っていたのですが、
    まさかの1番人気でガチガチになってました(苦笑)
    エスポワールシチーはだいぶ馬体が変わりましたね。
    南部杯の時にも思ったのですが、
    急にお尻が大きくなり、
    いかにもダート馬という体型になってきました。
    ウチパクがコメントしていたようですが
    「ダート界を背負って立つ馬」になって欲しいです。

  4. パビリオン より:

    エスポワールシチー完勝でしたね!
    おめでとうございます!!
    良い馬に出資されて羨ましいです♪
    自分はもっと前がごちゃつくと思ってヴァーミリアンから行っちゃいまして馬券完敗でした(汗)。スピードで圧倒していて他の馬も絡んでいけない感じに見えました。本当にダート界を背負って立つ馬になりそうですね♪現3歳も強いですし、完全に世代交代になりましたね。

  5. masami より:

    パビリオンさん、こんにちは。
    ありがとうございます。
    前に行く有力馬が内に集中していたので、
    もっと前に行く馬が多いのかな、と私も思っていました。
    そういう意味では1番枠はかなり嫌でしたね~。
    ヴァーミリアンは中央より地方のダートの方があってますよね。
    エスポは東京大賞典や川崎記念は使わないようですが、
    大井や川崎でのレースだとヴァーミリアンにまだかなわないかもしれません。

  6. お馬の写真 より:

    BCを見にチャーチルダウンズに行ってきました (写真編・その4)

    BC2日目の続きです。前の記事は「その3」をご参照ください。 第5レースはG1のスプリント。勝ったのはBig Drama。 今回のBC観戦では…