巴賞 (2010/07/11・函館)

最後の直線

例年函館記念の前哨戦ですが、今年は開催初日に芝1800mのオープン特別が組まれたため、ちょっと状況が違うのかも…。
なお、1番人気はホワイトピルグリム。

レース。メイショウレガーロが逃げ、2番手にメイショウクオリアということで、メイショウ2騎が先行する形。向正面でデストラメンテが2番手に上がって3コーナー。3~4コーナーでショウナンライジン、エフティマイアなどが先頭に並ぶ形になり直線へ。
逃げていたメイショウレガーロが粘るところ、開いた最内をついてメイショウクオリアが伸び、馬体が並んだところがゴール。メイショウクオリア、メイショウレガーロの順での決着でした。

ホワイトピルグリム
ホワイトピルグリム
メイショウレガーロ
メイショウレガーロ
タガノサイクロン
タガノサイクロン
トウショウヘリオス
トウショウヘリオス
ウィルビーキング
ウィルビーキング
ピエナビーナス
ピエナビーナス
ルールプロスパー
ルールプロスパー
シャインモーメント
シャインモーメント
ハギノジョイフル
ハギノジョイフル
キングブレーヴ
キングブレーヴ
メイショウクオリア
メイショウクオリア
デストラメンテ
デストラメンテ
レッドアゲート
レッドアゲート
エフティマイア
エフティマイア
ショウナンライジン
ショウナンライジン
ナムラマース
ナムラマース

この記事の写真は「クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 ライセンスCreative Commons Licenseの下で使用可能です。

スポンサーリンク

コメント

  1. お馬の写真 より:

    1回函館8日目(2010/07/11)の写真

    1R、2歳未勝利1着ケイアイカイト 2R、3歳未勝利1着トロサックス 3R、3歳未勝利1着プリンセスネージュ …