第16回エルムステークス (2011/09/19・札幌)

最後の直線

今年のエルムSも南部杯へのステップレースになりそうなメンバー構成。
人気は前走マリーンSでレコード勝ちしているランフォルセに集中。
2番人気はバーディバーディ。
バーディバーディはここのところ3着続きとはいえ、
G1の舞台ではスマートファルコン、フリオーソ、トランセンド、エスポワールシチーといったところに続く位置にいるわけで、
このレースのメンバー相手なら圧勝してもおかしくなかったはずだったのですが…

レース。昨年と同じくエーシンモアオバーがハナ。ダイシンオレンジ、エアマックール、バーディバーディの順で追走。
人気のランフォルセは後方でのレース。
向正面から3コーナーあたりでランフォルセ、オーロマイスターが進出開始する一方でバーディバーディは早くも一杯といった状況。
直線に入ると、逃げるエーシンモアオバーとダイシンオレンジに対してオーロマイスターとランフォルセが外から交わして、2頭の接戦に。
最終的にはランフォルセが3/4馬身差をつけて重賞初勝利。

スターシップ
スターシップ
エアマックール
エアマックール
ダイシンオレンジ
ダイシンオレンジ
ダイワルビア
ダイワルビア
ランフォルセ
ランフォルセ
オーロマイスター
オーロマイスター
キッズアプローズ
キッズアプローズ
マンハッタンスカイ
マンハッタンスカイ
エーシンモアオバー
エーシンモアオバー
クリールパッション
クリールパッション
バーディバーディ
バーディバーディ
メダリアビート
メダリアビート
シャインモーメント
シャインモーメント

この記事の写真は「クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 ライセンスCreative Commons Licenseの下で使用可能です。

スポンサーリンク

コメント

  1. お馬の写真 より:

    2回札幌4日目(2011/09/19)の写真

    9R、朝里川特別1着タイヨウパフューム 10R、道新スポーツ賞1着ダノンヒデキ 11R、エルムS1着ランフォルセ …